道州制.com 活動報告
道州制.com の活動と 道州制の動きを観察する 『デイリーウォッチング』を記録しています。
松下幸之助の訴えた道州制 ―大を小にー
財団法人松下政経塾 第24期生
前川 桂恵三

 「道州制」に関する議論が再び盛んになってきている。北海道においては小泉内閣に道州制特区とまで指定された。いわゆる未曾有の財政危機によって、国も地方との関係を清算したいというわけであるが、北海道がその実験台になったのである。いうまでもなく、「道州制」が必要な理由は、これまでの中央集権、官僚支配による国家運営ではなく、地方自治、市民主導の地域経営による政治・経済の生産性、効率性の向上にある。従って、「道州制」を国の実験で終わらせるべきではない。いかに地域が自立し、市民が行動を起こすかが重要である。

 一方、これまでと違い、人口減少局面やグローバル化といった時代の流れによって「道州制」は、さらに必要性を高めている。大前研一氏も言うように、中国の台頭、アジアの時代において、これからの経済は地域同士による自由な国際交流が重要になってくる。早急な実現が求められるのである。

 ここでは、「経営の神様」と言われ、晩年は国家に経営感覚を持たせるためにも松下政経塾を設立した松下幸之助が、その手段の一つとして、「道州制」をどう訴えてきたかを紹介し、早急に実現すべきこの維新の本質を我々国民が、どう理解し、行動すべきかを探っていきたい。
...続きを読む
【2004/05/31 00:00】 コラム | トラックバック(-) | コメント(-) |
 | 最新の状態 | 





04 | 2004/05 | 06
[S] M T W T F [S]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
道州制.com
  • Author:道州制.com
  • 『道州制』検索ナンバーワンサイト
    『道州制.com』は、生活者のための道州制実現を目指し、市民による地域づくりと道州制実現を繋ぐ 「道州制」専門のポータルサイトです。
  • RSS