道州制.com 活動報告
道州制.com の活動と 道州制の動きを観察する 『デイリーウォッチング』を記録しています。
道州制基本法案の見方は?
今国会にも提出されるという道州制基本法案。その中身を我々市民はどう見たらいいのか? そのポイントをちょっと考えてみましょう。

まず大切なのは、実現しようしている社会ビジョンがどう描かれているかです。
私は、それはこんな事ではないかと思います。
道州制による地方分権により、各地域の市民が

「自分たちの住みたい社会を自分達で作る。」

あたり前の様ですが、それが出来ていないのがこの国だと思います。
それが出来るしかけがこの道州制。それによって、この閉塞感にみちた社会、地域、そして市民一人ひとりが、もう一度、希望と活力を見出していく。
 そこがこの基本法案でどう表現されているのかに注目します。

更に注目のポイントは、権限と財源がどうなるかです。
私たち道州制.comの提案する市民道州制の要件は2つです。
1)基礎自治体と道州に、機能を果たすのに充分な権限と財源がある
2)市民が地域づくりに参加できる仕組がある

これを実現するには何が必要となるでしょうか?
1)の権限が重要な事は言うまでもありません。
道州や基礎自治体の事務の内容を決定できる自主立法権が明記されていることが大切です。

権限とともに重要なのは、財源を基礎自治体、道州が自主財源で確保できる様な仕組みである事です。国からのヒモ付き補助金では意味がありません。
そこが明記されているかどうかです。

2)もう一つの柱の市民が地域づくりに参画できる様にするためには、権限が道州だけでなく、基礎自治体までおりていることが大切です。基礎自治体が地域の主体として、地域の事は決定できる様な権限を持っている事です。
例えば
  ・NPOが小学校を使って児童保育、老人福祉
  ・市民、行政協働での河川敷への植林など、まちづくり
  ・地域通貨による地域活性
  ・企業ノウハウを生かしての行政改革など、行政と企業交流
  ・議会のネット中継、夜間開催
   などなど

基礎自治体で決めれる事は市民と協働して進めていければ、全国によい基礎自治体のモデルが必ず出来ます。日本人の特性は他のよいところをすぐに取り入れていける事です。
権限と財源がおりていれば、行政、市民、そして企業の協働によって、僅かな期間で、必ず地域の特性にあったよい地域づくりが行われると思います。
皆さんはどう思われますか?


(ふじいっち)
【2013/04/20 18:37】 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 | 最新の状態 | 





08 | 2017/09 | 10
[S] M T W T F [S]
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
道州制.com
  • Author:道州制.com
  • 『道州制』検索ナンバーワンサイト
    『道州制.com』は、生活者のための道州制実現を目指し、市民による地域づくりと道州制実現を繋ぐ 「道州制」専門のポータルサイトです。
  • RSS