道州制.com 活動報告
道州制.com の活動と 道州制の動きを観察する 『デイリーウォッチング』を記録しています。
日本の抱える諸問題解決のための、日本力・地域力・住民力を考える」 イベント報告
 9月11日に行われた、道州制.com主催によるイベント「日本の抱える諸問題解決のための、日本力・地域力・住民力を考える」について、報告をします。

 イベントの参加者は17名。今回のイベントは、少し大きなテーマ。日本の抱える様々な問題を市民の視点から話し合います。

 まずは、「今年の夏(猛暑)をどのように過ごしたか」という内容を交えながら、参加者全員が自己紹介。話題はクーラーの使い方に集中。緊張気味だった参加者からも、笑顔がこぼれ、和やかな雰囲気になりました。

 つづいて、副代表の荻野より本日のテーマについて、お話しがありました。

■道州制とは何か?

 一般的に言われている道州制の制度というのは、日本を九州、東北地方、程度の全部で10くらいの単位に分けて、そこに国の持っている税源・財源を大幅に移譲して地方分権改革しようということです。
 ここに道州制.comは独自の定義を付け加え、下記の条件を満たす道州制を市民道州制と名づけて提言しています。

?国の権限と財源が十分に地方に移譲される
?市民が主体的に地域づくりに参加する

 ?は器の問題で、?は器に入れる中身の問題。どちらも欠かせないということです。そして、市民道州制の理想形では、基礎自治体(現在の市区町村)よりも小さい「コミュニティ」という単位を重視しています。コミュニティは小学校の学区くらいの大きさ。歩けばそれなりに知り合いに会う程度です。そこへも、思い切って権限と財源を移譲する。そこまでやって、市民がその地域の主体になる、やりがいが生まれます。
 これを、先んじて実践しようとしているのが、河村たかし名古屋市長の「地域委員会」です。議会に邪魔をされていますが。このようなコミュニティで、今ある問題を解決できるか、今ある日本のいいところをもっと活かせるか、そういうことを今日、考えてみたいと思います。(道州制.com副代表・荻野睦子)

 参加者全員で、テーマを共有したあとは、各自が考える日本の抱える諸問題を持ち寄ります。

■日本の問題点

・地方には、独自の文化や特色があるが、活かされていない
・「自助」「公助」の部分ばかりで「共助」の部分が少ない
・当事者としての意識が低く、行動力が欠如している
・自殺者が多い
・人と人とのつながりが、希薄になっている

■日本の良い点、活かしたい点

・多様な文化
・ものづくり
・地域の特色
・治安が良い(安心して生活ができる)
・伝統文化や独自の美意識

 気持ちの高揚を感じながら、グループに分かれて深掘りをします。自分の意見を発言する。そして、それを聞く他の参加者。和やかだった会場が、一気に張り詰めた空気に包まれました。



 二度の延長を経て、グループごとに、その結果の発表です。
...続きを読む
【2010/09/11 13:00】 講演・活動報告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 | 最新の状態 | 





08 | 2010/09 | 10
[S] M T W T F [S]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
道州制.com
  • Author:道州制.com
  • 『道州制』検索ナンバーワンサイト
    『道州制.com』は、生活者のための道州制実現を目指し、市民による地域づくりと道州制実現を繋ぐ 「道州制」専門のポータルサイトです。
  • RSS