道州制.com 活動報告
道州制.com の活動と 道州制の動きを観察する 『デイリーウォッチング』を記録しています。
グループインタビュー:こども手当って、どう思う?by 道州制.com


(クリックするとPDFファイルが開きます)

裏面は「続きを読む」をクリックしてください。
...続きを読む
【2009/11/18 00:00】 講演・活動報告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【報告】ネット選挙運動は地方分権時代の必須アイテムになる!
 11月7日(土) 検証!ネット選挙運動解禁 by道州制.com
〜市民と選挙がもっと近づく、公職選挙法とネットリテラシーとは?〜

 株式会社フォーナイン・ストラテジーズ(http://www.blog-headline.jp/)
 代表 西村豊氏をお招きしてワークショップを開催いたしました。




 参加者15名ほどでワークショップが行われ、講義ではネット選挙運動の歴史、そして次の参議院選挙前にも試行されそうなネット運動と西村氏の活動に関して紹介があり、参加者の関心を集めていました。
 また、ワークショップでは、選挙前に政策の比較がネット上でできないなど、現行の公職選挙法の問題点や、改善点に対する指摘がありました。



 このワークショップを通じて私が強く感じたのは、ネット選挙運動は地方分権社会の地域に重要な武器となるという点です。

 マスメデイアに取り上げられる国会議員であっても、その活動状況や人柄などは分かりにくいと思います。地方議員であれば、尚更であり、多くの人の投票指標はポスターか偶然辻立ちしているところで会う程度となるにも関わらず、肝心の選挙前にはHPなどのメデイアは動かせないため、実際に選挙活動として何をやっているかなどのリアルでかつ興味深いところは、全く見えてきません。ワークショップでも意見が出ましたが、直前に政策の比較や反論などもできると大変分かりやすいと思います。また、その人のその日の活動風景やブログを見る事が出来れば、それを投票の判断とする市民は多くなるのではないかと思われます。さらに、次の日の遊説予定が書いてあれば、見に行って判断しようという人も出てきて、人物本位での投票行動が進むと思われるからです。

 その結果として、自分たちの本当に意図する人材が地方議会や首長として当選することとなり、地域に顔の見える・行動が見える・政策が分かる政治家が登場すれば、地域への市民の関わり方自体をも変える可能性があり、地方分権時には、本当に活躍してくれる政治家としてつながってくると思われます。ネット選挙運動の今後に是非注目しきたいと思いました。




 尚、西村氏は今の活動を今後政策提言につなげていく考えとの事、是非邁進して頂きたいと思います。我々道州制.comも応援しています。 
(ふじいっち)

【2009/11/07 14:00】 講演・活動報告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 | 最新の状態 | 





10 | 2009/11 | 12
[S] M T W T F [S]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
道州制.com
  • Author:道州制.com
  • 『道州制』検索ナンバーワンサイト
    『道州制.com』は、生活者のための道州制実現を目指し、市民による地域づくりと道州制実現を繋ぐ 「道州制」専門のポータルサイトです。
  • RSS